こんにちは、筑紫野市湯まちはりきゅう整骨院です。

 

当院については「こちら」をご覧ください。

 

 

 

当院については「こちら」もご覧ください。

 

先日、患者様に鍼を刺すと、何故鍼を刺した周囲が赤くなるんですか?というご質問を受けました。

 

鍼治療で刺鍼で周囲が赤くなることを『フレアー現象』と言います。

 

フレアー現象は軸索反射という、生体反応が関係しています。

 

軸索とは、神経を伝達する紐が、数多く集まったものです。

 

鍼を体内に刺していくと、知覚の受容器が感知して、刺激が脳へと求心性に(脳に向かって)伝わります。

 

鍼灸で血管の透過性を上げ、血管拡張作用を上げる。という働きがあります。

 

鍼治療は血流改善に働きかけるという事です。

 

鍼治療後、しばらく時間が経ってからの方が体内に分泌されやすく、効果が持続しやすいという特徴があります。

 

鍼治療は翌日だったり、少し時間が経ってからの方が身体が楽になったり、効果が実感しやすいという事にも繋がります。

 

鍼が「異物」として生体に認識されるからこそ軸索反射やフレアが起こり、こうした免疫反応を賦活させることが狙いです。

 

人が痛みを感じたり、凝りを感じる際には、局所であったり、関連する部位の血流が悪くなっている事が多いです。

 

鍼治療では、皮膚上からは届かない、深部の筋肉に直接働きかけ、深部の血流改善を促す事ができます。

 

鍼は東洋医学の素晴らしい治療です!

 

これからも患者様の症状を改善するため、全力でサポートさせて頂きます!

 

 

湯まちはりきゅう(鍼灸)整骨院 アクセス情報

  • TEL:092-928-8822
  • 住所:福岡県筑紫野市湯町2丁目4-6